エアーマットに したどーっ!!

介護 comments(4) trackbacks(0) アズキ姫

先週、ロシアに語学留学している娘と10ヶ月ぶりに、スカイプとやらで 話した。

ビデオ電話なので、お互いの姿も見れて、まるで 隣の部屋同志で話してる感じだった。

娘は 私じゃなく猫のミケに会いたかったようで(^_^;)、画面の向こうから、

「ミケ〜!」と 娘が呼ぶと、 まあ ご主人恋しいミケは、必死で、耳をそばだてて、声のする方を探している。

パソコン画面からだとわかると、画面の娘を ガン見!

ご主人様のことを すっかり忘れてると思っていたけど、やっぱり覚えてるんだね。

さあっ、その翌日から、ミケのご主人様の机の お守りが始まった。

 娘が旅立った時も、まる1週間 ご主人様(娘)の机の下や上で、1日中座っていた。

今回は1週間過ぎても まだ続いておりまする。(-_-;)

あと数日の辛抱だよ、帰って来るよアンタのご主人(笑)  いじらしいなぁ〜〜・・・


ミケ
▲ 机番ミケ




黒猫 ないと
▲ 長女宅のベランダ(2階)にて  愛猫 ないと





野良猫 親子
▲ いつも気になる 野良猫親子




少し 時期はずれたけど 綺麗だったので 披露しよう!
白紫陽花
▲ 白い紫陽花  今はブルーになっちゃったよ〜(^_^;)






梅雨開けして、蒸し暑さが増してくると、アイちゃんは「ガーゼ姫」になる(笑)。

年がら年中、左手にガーゼハンカチを握りしめ、口元にも常時 ガーゼハンカチをあてがっている アイちゃんだが、 これからは +α のガーゼが いっぱい。

おっぱいの下だったり 脇の下だったり・・・。


でも、褥瘡になりかかってた 尻っぺたは、かさぶたが綺麗に剥がれ この部分だけは、ガーゼから卒業した。


と いうことで、 この機会に アイちゃんのマットレスを エアマットに交換してもらうことに決めた。

ケアマネさんに 連絡すると、その翌日には、お世話になってるレンタル業者さんが、エアマット抱えて交換に、、、速っ!!

姉とトシちゃんで、エアマットの操作方法を教えてもらい、その日居なかった私は後日、トシちゃん経由で教えてもらった。

初期基本設定は、業者さんが、してくれたので、トシちゃんは、その部分を私達がウッカリ触らないようセロテープで封印してしまった。(^_^;)


マットの縁の部分は硬く、そこ以外は空気圧でアイちゃんの重みを分散するようになっている。


その空気圧を調節することで、マットが左右に体向してくれたり、下半身をもちあげてくれたり 上半身を持ち上げてくれたりする。

リハビリや オムツ交換の時は、マットを硬くしたり。

布団の中に 空気を送り込んで 蒸れないようにしてくれたりもできる。

そういう作業を、「自動体位変換」というボタンを押しておくと 勝手にやってくれるってんだから、まあ すごい!

ほんまに、四角いロボットと居るようで 想像以上の感激〜\(◎o◎)/!


メカ好きトシちゃんは 少年のように眼キラキラさせながら、私に エアマットの 取扱い説明をしてくれたよ。

そして、最後に一言 

「面白がって あっちゃこっちゃの ボタン押すなよ!」(-。-)

私の性格 さすがよくわかってらっしゃる(笑)、ヘイヘイ どこも触りませぬ、心配なら 自動設定にしてセロテープ貼っといてちょーだい!


エアマット操作盤
▲ エアマット操作盤 (船酔い防止機能とかのボタンもあるよ)



エアマット空気孔
▲ 風力送り孔(マット足元両サイドにある)、、豚さんの鼻っぽいなと(笑)これが見かけによらず ええ仕事するんだなぁ(=^・^=)



というわけで、猛暑にも負けず エアマットという強ーい味方とともに トシちゃんは、アイちゃん介護に頑張っているぞー!!



御自身では全く動けない 寝たきりの方には ほんとに適したマットだと思うので、ぜひ試してみられては。

ちなみに、レンタル料は、我が家では、毎月2200円(ベッド+マットレス+車椅子+スライディングボード全部で)だったのが、エアマットに替えたことで 600円upになりました。


 

トシちゃんのポリシー(^^♪

介護 comments(4) trackbacks(0) アズキ姫

お日様の光を たくさん浴びると 花も人も 生き生きするのだろうか。

庭の花たちが 例年になく 色鮮やかに感じる。

トシちゃんも、最近は しょっちゅう、 トラクターで畑に繰り出し、雑草対策に余念がない。



トシちゃん
▲ トシちゃん(86歳) メカ 大好き人間




トマト
▲ 4月29日の トマトたち


トマト
▲ 5月21日の トマトたち




色鮮やかな花たち  

ブーゲンビリア
▲ ブーゲンビリアとゼラニュウム


芍薬
▲ 芍薬 (8分咲き)


スイレン
▲ スイレン




野草も元気!  

?
▲ タカネニガナ


ヘビイチゴ
▲ ヘビイチゴ (ヘビさんが食べてるところ 見たことないな、、)





トシちゃんは、毎月一回 必ず 農協に万札数枚を、千円札と五百円玉と百円玉に両替えをしに行く。

訪問看護 訪問リハビリは毎月、訪問入浴は毎回、現金払いなので、そのためだ。

几帳面なトシちゃんは、釣り銭が要らないよう、ピッタシカンカンに いつも渡すので、訪問サービスの方々からは、それはそれは 喜ばれている。

うっかり両替えに行くのを忘れた時など、血相を変えて 家中の小銭を探し回っている。

おつりを貰えばいいのに、、私に小銭出してくれって言えばいいのに、、と思うのだけれど、トシちゃんなりのポリシー(?)があるようで(笑)



この間 いつもの如く農協にアッシーくんをした時のこと。

駐車場でトシちゃんを待っていた。

すると、建物から出てきたトシちゃんが、白髪で杖をついたおじいさんを連れた60代半ばほどの女の人と、すれ違いざまに親しげに話をしている。

車に戻ってきたトシちゃんに

「知り合いの人?」と聞くと

「農協で働いとった時 一緒に仕事しとった女の子や。」

「女の子???  あっ あの65歳ぐらいのおばさんね。」

(私自身のことを棚に上げて 言っちゃったよ (^_^;)

「おおそうや、 わしの下で働いとったんや。」

「女の子言うから、わからんかったわ、じゅうぶんオバサンやんかぁ!(笑)」

「わしから見たら まだ若い若い! 女の子や(笑)。」

うわっ!トシちゃん 久しぶりに笑ってるで〜〜。 (^_^;)

トシちゃんが言うには、まじめで仕事熱心で ほんまに優しい子だったらしい。

、、にしても、 やっぱり もうオバサンやでぇ。

「あの、白髪の 杖をついたおじいさんは あの人のお父さんかな。」

「そうや。」

「お父さんと 同じくらいかなぁ?」

「そんなことあるかい! 向こうの方が よっぽど年上や。」

「そうなんや、 ほんなら90歳超えとってやな。」

「いや たしか88か89やったはずや。」

「・・・・・(-_-;)ㇵㇵッ  お父さん86やったな・・・。」


そうかっ! 80歳を超えたら、きっと、トシちゃんの中では 1歳の差は10倍ぐらいになるんやろ!?

3歳年上は、自分より30歳年上になるんや!! 

そやそや!

そういうこっちゃ!! 

これも トシちゃんのポリシーか? (^^♪



トシちゃんのポリシー、まだまだありそうやな (;一_一)

長生きしなはれや― \(^o^)/   

アイちゃんも、後10年は元気だよ きっと。

 

進化する車椅子

介護 comments(2) trackbacks(0) アズキ姫

梅雨が来るよー!の声を聞き ようやくホットカーペットを片付ける気になった。(^_^;)

暑いのか寒いのかよく解らぬ春が終わったな、、、。

最初 4羽だと思っていた子ツバメは 6羽いて、元気に巣立って3週間。

今では急旋回も上手に カッコよく飛び回っている。


ミケ
▲ 最後まで ごねたミケ!


ミケ
▲ やっと カーペットを退いたと思ったら・・・(本物のマウスを見たことないよね



ゼラニウムも 三色 咲いてるよ〜(^^♪  ベゴニア3


ベゴニア2


ベゴニア1






先週の土曜日は アイちゃんの大量ウンチサービスデーだったので、 朝から オムツ交換に大忙しのトシちゃんと私。

正午前に3回目の オムツ交換をしている最中に、

「ピンポーン〜♪♪」

ゲッ! 出られない! 誰だろ?

すると、漂う香り(笑)で察知してもらえたようで、

「いいですよ〜! 待たせてもらいます―。」と外から声がした。

あっ、ケアマネさんだ、良かった―(^.^)

「ありがとうございます〜。 もうすぐ済みますので〜。」


3分ほど待ってもらって、仕上げに、アイちゃん部屋にファブリーズを、思いっきりシュ〜〜〜〜〜ッ!!
 

「お待たせしました、どうぞ。」

ケアマネさんは、1枚のパンフレットを見せて、
「こんなんが 出たんですー! パンフレットを見た途端 これは絶対アイ子さんとこに教えてあげなくてはと思って、来させてもらいました。」

そのパンフレットは、レンタル車椅子の紹介だった。

今 アイちゃんが使っているのは、ごく一般的な介助型車椅子で、移乗はブーメラン型スライディングボードイージーモーション(モルテン)という移行用板をアイちゃんのお尻の下に差し込み、トシちゃんと2人がかりでやっている。

それが、なんと!! なんと!!

車椅子と このトランスファーボード(移行用板)が一体化したものが開発されたのだ!

自走用車椅子には 前々から この手のものは あったのだが 介助型車椅子には なかったのだ。

「ラクーネ3」((株)ミキ )と言う名前。

車椅子のサイドガード(肘掛部分)を 横に倒すと、それがトランスファーボードに変身して、ベッドから車椅子に、車椅子からベッドにと 滑らすように移行できるのだ。

誰もが 思いつく発想だよなって、 何でも 商品化されてから思うんだな〜(^_^;)

きっと 世界中の 介護に携わっている人たちからの熱い声が 開発を後押ししてくれたんだろう・・・。


レンタル料は 一月600円。


今 我が家は 車椅子700円+スライディングボード100円で、一月800円。


どうする? トシちゃん?  便利だし、ボードを返したら 年間2400円浮くし、、、。

「いや、 今のままで ええわ。」

「へっ? なんで?」

「あのボードは、車椅子に乗せるとき以外にも、よく使うでな。
一人で、お母ちゃんをベッドの頭の方に擦り上げる時や、 身体の体向(向きを換える)の時に、背中に縦向きに差し込んだら、簡単に出来るでな。
それに、車椅子に乗せる時でも ベッドに移したい時でも、ボードだったら、移したい方を低めに設定して使えるやろが。 車椅子に作り付けやと それが出来へんから 今より力が要るぞ。」


は〜〜っ、、恐れ入りました、さすが理数系オヤジ様、交換しない理由 よくわかったわ (^.^)


ということで、 せっかくの 新製品も、我が家では 今ほどの働きはできないようだ。


思うに 介助型車椅子利用者さんで、移行の際 自力がほんの少しでも可能な場合は、絶対この、「ラクーネ3」介護型車椅子は 良いのでは。

こういう どんどん進化していく 介護用品を知る度に、介護者の声が、ケアマネさんから業者さんに、業者さんから開発者さんに届いてるんだな と嬉しくなる。

早速 すっ飛んできてくださった我が家のケアマネさんに 心から感謝<m(__)m>

 
  、
 

ジワジワと・・・(-_-;)

介護 comments(3) trackbacks(0) アズキ姫

昨日 洗濯物を 干していたら、「コンコンコンコン、、、」と 小さな金槌で杭でも打っているような音が、左頭上から絶えず聞こえてくる。

見上げても 柿の木があるだけで 何も見当たらない。

よーくよく 耳を澄まして、、、、、!!

付きとめましたぞ (^^♪   その写真がこれ  ↓


コゲラ
コゲラ (チャッちいデジカメを 最大ズームにして撮ったどー!)


息子が連休に、「お茶 飲みに行く?」と 連れて行ってくれたのが ここ  

長楽館カフェ
長楽館カフェ (京都 八坂神社入る 円山公園前 )


まさか、他府県まで車で3時間もかけて 茶〜飲みに行くとは!(^_^;)


日本の 煙草王と言われた実業家 村井吉兵衛が築いた、迎賓館だそうだ。

サンルームと呼ばれる、ヨーロッパ調の室内からは、円山公園の 枝垂れ桜が見えて(すでに花は見頃を過ぎてたけど)とても 素敵だった。

ケーキも 綺麗で 美味しかったな〜(●^o^●)

苺のフィアンティーヌ
苺のフィアンティーヌ 1200円 (高!! でも今日の大蔵省は息子)


ワッフルセット
ワッフルセット  1600円


「少し早い 母の日プレゼントやと思っといて。」 と言って 息子ちゃんは 清水やら 京都水族館やらに連れて行ってくれた


藤菜美のみたらしだんご
みたらしだんご 305円 (東山 二年坂沿い 「藤菜美」)

醤油ダレのみたらしに きなこを塗して食べるなんて・・と ちょっと不安だったけど、、、

おいしーーー!!❤❤❤


心もお腹も ポンポコリンの一日だった。 (=^・^=)






一日の気温の差が激しくて、日毎の気温の差も激しくて、 年老いたアイちゃんや トシちゃんには、辛いだろうな、、、、、、と思う 外野の心配をよそに まあ2人とも 元気なこと!

寝たきりだからって 病気なわけじゃない! アイちゃん 風邪一つ ひきませぬぞ(笑)

車椅子にも 最近は、2時間裕に座っている、、というか 座らされている(^_^;)

トシちゃんが畑仕事が忙しくて、 (2人がかりでないと、アイちゃんを 車椅子や、ベッドに移行できないので) 2時間過ぎても なかなか 戻ってこないのだ。(;一_一)

おかげで(?) アイちゃんの 床擦れも 現状維持で 何とか もっている。

しかし  どうしても 床擦れ面積は大きくなってきてしまう。

現状維持というのは、傷自体は ジュクジュクにならず、むしろ 乾いているという意味で、 皮膚の色が どす黒く 色素沈着している範囲は ずいぶん広がってきているのだ。

色素沈着した部分は 皮膚が柔らかくなっていて、 先日 エレバンフィルムが剥がれたとき、表皮まで剝けかけて、 おっとっとっと こりゃだめだ と 慌てた次第である。

なので 最近は ガーゼもエレバンフィルムも貼らず、 エキザルべという 超!効く軟膏を 臀部を綺麗に拭いた後に塗るだけにしている。

体向(体の向きを換えること)回数も 増やした。

トシちゃんにとっては また一つ やることが 増えて申し訳ないのだが、 夜中も 1回 オムツ交換の時に、体向してくれている。

「か〜ちゃんのためなら えーんやこーら!♪」 てな具合で トシちゃんは、 何の苦にも思ってないそうだ。 (;O;)


それにしても 恐るべし 床擦れ!!

床擦れ魔人め! 音もなく (そりゃそうだ) ジワジワと ホラー映画の アメーバ―の如く 広がりよったなー!?

エキザルべマン! 頑張ってやっつけてくれ〜〜〜!!(>_<)


看護師さん曰く

「4年間 ほとんど寝たきりで これくらいなら 立派なもんや! エアマット? ウーム まだ 今のベッドで充分やと思うけど。 
床擦れには そりゃエアマットの方が いいけど、 ずっと寝ている人には 抵抗無さ過ぎて、疲れる言うこともあるのでね。
次のマット交換の時に、ケアマネさんや業者さんと 相談されたらいいわ。」

そうしよう、 交換まで 2か月ほどだもんね。

周りの心配をよそに、アイちゃんは今日も ぽっちり奥目で みんなを見つめてくれる。

ほんまに アイちゃんは 可愛いなぁ(^−^)





 

88歳は最後の厄?

介護 comments(2) trackbacks(0) アズキ姫

4月は 随分と怠けて、一度しか更新していない。 (^_^;) 

写真だけは たくさん撮っていたので、遅ればせながら、披露しちゃおう!


水仙 
▲ 水仙 (黄色の部分が変わっている)

いろんな種類の水仙が 今年も咲いた。

日本水仙が一番 良い香りだと思う。


マーガレット
▲  マーガレット 2種類

お日様に 当たると とても色鮮やかになったよ。 (^^♪ 




バッタ子供
▲  バッタのこども


春の花壇
▲  デージー& ビオラ

この画像の中の 小さな お客様 見つけられたかな?



紋キチョウ
▲  タンポポとモンシロチョウ

近寄っても全く逃げない、よほどお腹すいてるのかな(笑)



カエルクン
▲ アマガエル

まだ 寝ぼけてるのか ヨタヨタ フラフラ、、 木に登るのも 一苦労 (^−^)

以上! 一か月前の庭の春模様でした。<m(__)m> 






先月の中ごろ、アイちゃんの7回目の 胃ろう交換があった。

1年前までは、2.3日の入院で 良かったのだが、今は 病院側の事務的な事情(?)で1週間入院となっている。

交換自体は 10分程度で済むのに、1週間も入院てなぁ〜と 思ってしまうのだが。

その間に、肺のレントゲンやら 血液検査やら、痰の吸引もしてもらえるので ありがたいことだ。


今回も いつものように 前日から姉が実家に泊まり、当日 介護タクシーでアイちゃんに同乗し、私は、当日 先に病院に行き 入院手続きをしておくという段取りだ。


7回目ともなると、 看護師さんたちも、 「いらっしゃーい!」と言うより 「おかえり!」ってな感覚で、迎えてくれる。

「あいこさん! また 体格良くなったんとちがう!?」

毎回 最初の挨拶が この言葉(笑)。

今回は、退院前に 体重測定もしてくれるそうだ。

4年前から計ってないので、 いったい どれくらい巨大化しているか、アイちゃんには失礼な話だが、とても楽しみ! \(^o^)/


毎日 介護で疲れてる トシちゃんも、 しばらく ゆっくりできて いいねって?

いえいえ トシちゃんには このアイちゃんのいない1週間は 精神的拷問だ。

「さびしい。」 「一日が長くてかなわん。」 「いらんことばっかり考えてしまう。」 と まあ 電話をするたんびに マイナーな言葉しか 返ってこない。 (^_^;)

と言って、 4年前のように、毎日 電車に乗って、病院に会いに来る気力体力も無い。


そこで、 トシちゃんも 一緒に病院に連れて行こうと思い、 実家へ迎えに行ってみた。

「体調が良かったら 一緒に病院に行ってかぁ?」

「そやな、 今日は調子ええから 乗せてってもらおか。」

そう言って、チャッチャと着替えた トシちゃん。

「ほな 行こか。」と 先に車に乗って トシちゃんが戸締りしてから来るのを待っていたのだが、、、、、

あれっ?、、、、来ない。 (-。-)y-゜゜゜

車から降りて 家に入ってみると、 トシちゃんが 靴もまだ履かずにボーッと 上り框に突っ立っている。

「お父さん どないしたったん?」

「・・・わし・・行くの やっぱり やめる。」

「へっ?」

「天気 ええし、 畑の草取りするわ。」

「しんどいんか?」

「しんどいような、 しんどないような、、、。」

どっちやねん!?、、、て いやいや  ええんよ ええんよ 行かなくても。

「ほな ぼちぼち 草引きしなよ。行きたくなったら いつでも電話ちょうだい。」


てなわけで、その日は 一人で病院へ。


と その夕方、 トシちゃんから 電話があった。

「わしなぁ  やっぱり 連れてってもらったら良かった思てな。 道中 調子が悪なったら困る思てやめたけど、 お母ちゃん わしの顔 忘れてしまうんちゃうかなとも思うんじゃ。」

「いや 忘れるわけないやろ(笑)。  ええで 明日また迎えに行くわ。」

「ほな頼む、服着替えて待っとくでな。」 



翌日、朝7時に いつものモーニングコールをすると、  あらら! トシちゃん

「あのなぁ、、、やっぱり 病院に行くの やめとくわ。 天気ええで 草取りしたいし。 お母ちゃんに 家で待っとるでな 言うといてくれ。」

「わかった、ちゃんと伝えとくから。 体調良くないんか?」

「いや、 気持ちは行きたいんやけど、 身体がなぁ、、、途中でなんかあったらと思てしまうんや。」

「88歳は 最後の厄やって お父さん言ってたもんな。」

「おお そうや。 今年乗り切ったら また 身体も落ち着いてくる思うんやけどな。」

「わかった、 のんびり草取りしときなよ。」


てなわけでして、、、。 (^_^;)


そうこう してるうちに アイちゃん 退院してきちゃったよ(笑)。

そして アイちゃんと トシちゃんの 平和な日々がまた始まった。


つい 最近 トシちゃんは こんなことを言っていた。

「お母ちゃんを ちゃんと看取ってからでないと わしは死ねん。そやのに どないもこないも、気持ちに体が付いて来んようになって、心配でしょうなかった。 
けど この頃な、 ここまで生きてきたら、後は ご先祖さんがわしの寿命を 導いとんじゃないか? お母ちゃんの介護もご先祖さんが この日まで頑張れよ 言うて導いとうような、そんな気がしてきたんじゃ。
わしが決めることではないなと思いだしたら、ごっつう気が楽になってな。」

トシちゃん それだよ!!  

よく トシちゃんが言う 88歳は最後の厄 ていうのは、 トシちゃんが今言ったことだよ きっと!

身体の節目じゃなくて、 心の節目 !?


また レベルアップしたトシちゃんが 眩しいぜ! (●^o^●)


にしても うちの畑は どんだけ 草が生えてるんだー!!(>_<)

 

ちなみに アイちゃんの体重は 4年前 40キロそこそこだったのが、50.3キロに、、 (;一_一) 


アイちゃん 水戸黄門に コーフン!?

介護 comments(0) trackbacks(0) アズキ姫

先日、娘に大阪のスパワールドに連れて行ってもらった。

入湯料 1000円で 入り放題!

3月は 女湯は ヨーロッパゾーンで、 青の洞窟 蜂蜜風呂 ハーブ風呂等、癒されまくり(*^^)v。

年甲斐も無く ピンクの可愛い、館内専用の寛ぎウェアーを着て、ウロウロ・・・・・。

そこで、一度体験したかった フィッシュテラピーを 体験!

15分(+おまけで5分) 1000円と、ちょっと高かったが、 気持ちよかった〜(*^_^*)

指の間や 踵 座り胼胝に集中して寄って来てたなぁ、、 ほんとに スベスベになることを実感!


フィッシュテラピー
▲  フィッシュテラピー   キモ〜 ッてか?(笑)




では、お口直しならぬ お目目直しに ほっこりする画像もどうぞ \(^o^)/

野良猫
▲  野良ニャンコの 定番席






モルモット親子 
▲  モルモット親子 (街で出会った おじいちゃんが 散歩させていた )






今日のアイちゃん、朝から 爆睡。

昨日 2回も大量の ウンチ様がお出ましだったので、やっと気持ち良く 眠れてるのだろう。

このまま 寝かせてあげたいけど、 リハビリもあるし、天気も良いし、、、。

「お母さん ごめんよー、 シーツ換えるから 車椅子に乗ろうね。」

ベッドに寝たままでも シーツ交換は簡単にできるのだけれど、 何かにつけて アイちゃんには車椅子に座ってもらうようにしている。

生活のメリハリ? 浮腫み軽減?  褥瘡予防?

てなわけで、 半無理やりに 車椅子にトシちゃんと2人掛かりで移乗する。

もっと寝ていたいと言わんばかりに 車椅子に座ってからも 目を開けないアイちゃん。

ところがところが、 テレビから

ジャンジャジャジャ ジャンジャジャジャ ジャンジャジャジャ ジャジャジャ ジャジャジャ♪♪」と

水戸黄門」の音楽が流れると、 パチッ と目を開けて、 テレビをジーッと観はじめた。

それからは 顔を拭かれようが 鼻くそを取られようが 髪を結ばれようが 知らん顔で ひたすらテレビを観ている。

最近は 車椅子に座っても 寝ていたり、テレビも見るというよりは 眺めてる感じなのだが、今日は違う。

そんなに 水戸黄門 好きだっけ? 確かに 元気な時 これだけは観ていたものね。

不思議だな、認知症って どういうふうに記憶が残って行くのだろう?

アイちゃんの 脳みその中を 探検したいよー!!


水戸黄門効果か何なのか、 リハビリの時も いつもはタヌキ寝入りしているのに、今日はバッチリ起きている。

「今日は 目がパッチリ開いて 可愛いですね。」 と先生に言われると

コクンと頷くアイちゃん。

「見ました? 今見ましたよね!?  頷いてくれたったね!?」

ハイハイ見ました 見ました、、、、って 先生ちょっとリアクション 大袈裟なんじゃ・・・?

そうだった!! この先生は 昨年5月から前の先生の後任で来てるんだった。

ということは、、、、 そうだった! アイちゃんの 喋ってるところも 頷くところも 見たことないんだ!

いやぁ そんなに感激してもらって こちらこそ感激!



スキップでもしそうな喜びようで リハビリの先生が帰られた後も、とにかく今日は アイちゃんの頷くこと 頷くこと!

「お母さん ええ顔やなぁ?」

・・・コクン・・。

「お母さん 水戸黄門 好きなん?」

・・・コクン・・。

「氷川きよしも好きやったな、憶えとってか?」

・・・・コクン・・。

「ほんなら 私 誰かわかる?」

・・・・・・zzz・・・。

ガクッ なんでやねん (^_^;)  

「氷川きよし忘れても ダンナさんは覚えときやー?(笑)」

あっ! お母さんの目が笑ってる!

うけた? ウケ狙ったんちゃうけどな (笑)

目は口ほどにものを言う  って本当だ。

今のアイちゃんの顔 元気だった時の笑顔だ!!

何か すごく 嬉しいし すごく懐かしい。

エヘッ ちょっとアイちゃんに抱き着いてみようかな(●^o^●)




ほんに 今日は 水戸黄門様のお蔭で 楽しかったなー。

毎日放送様、毎日「水戸黄門」を放送して下され<m(__)m>
 

出来ることを数えて、、

介護 comments(0) trackbacks(0) アズキ姫

日に日に、あちこちの草花が芽吹くものだから最近は、常にデジカメをポッケに携帯している。

「うわ〜っ 久しぶりー! 冬の間 どうしてたん?」 て 声をかけたくなる花、花、、、。

おっ! 珍しいものを見つけましたぞ (*^^)v

ピンク色の イチゴの花 !

おお 気が付いてくれたか と言わんばかりに トシちゃんがやって来て

「初めて 植えてみたんじゃ。」 と 嬉しそうに言う。

「形や味って、白い花のと違うんかなあ?」 と聞くと 

「実がなってからの お楽しみや。」 だって。

1か月後が楽しみ〜〜(^^♪



イチゴ
▲ イチゴの花 ( 右と左の 花の色の違い わかるかな? )




実家の風景を あらためて眺めると とても綺麗だったので 思わずパチり!
故郷
▲ 実家の裏の畑から・・・






相変わらず、アイちゃんの ウンチの出が悪くて、ちょっと気持ち下降気味のこの頃。

訪問看護師さんから出る言葉も

「腸の動きが弱いねぇ。」

「前は よく 喋ってくれてたのにねぇ。」

と 残念な言葉が 目立つような、、、 (^_^;)


いかんいかん! 

健康体であっても、80歳も過ぎると、年々あちこちガタが来るものだ。

アイちゃんの今の状態を、特別に考えすぎてますな。

、で今日は気分を変えて、アイちゃんの髪型をちょんまげにしてみたよー


アイちゃん
▲  車椅子に座って テレビを観ているアイちゃん



ごらんの通り、83歳にして このフサフサの御髪!

旋毛や分け目の気になる 私の頭と、取り換えられるものなら取り換えたい。

ちょんまげ頭は 訪問看護師さんや、リハビリの先生にも好評で、

かわいい!!」コメントを連発してもらっている (=^・^=)

意外にも、トシちゃんが 喜んでくれているのには 少し驚きだ。

いくつになっても、オシャレはいいね、 気持ちが明るくなる (●^o^●)


そうだ! 出来ないことを数えるより アイちゃんが今出来ていることを数えてみよう!

腸だって 弱いけど止まってはいない、動いてる。

ウンチだって ラキソを使いながらでも、 出ている。

全介助でも、車椅子に座っていることが出来る。

左手で、目くそ 鼻くそを取ることができる。

左手で物を掴むことができる。

唾を呑み込むことができる。

嫌なことには 眉間に皺を寄せて 渋い顔で意思表示してくれる。

苦手な方に体を向けさせられると、 自分の好きな方へ向き直ろうと抵抗できる。

偶に 頷いてくれる。

歌を歌うと 目をパッチリあけてくれる。

ほら! 思いつくままでも 軽く10個 挙げられたではないか。

まだまだ あるよ。

生きているというだけで、出来ることが、たくさんあるんだなぁー (^−^)



アイちゃん 明日は一緒に何をしようか?

一日 一日 面白いことを 考えて 遊ぼうね (*^^)v













 

黄砂が、花粉が、PM2.5がぁ〜!!(>_<)

介護 comments(0) trackbacks(0) アズキ姫

気が付けば、春を呼ぶ花が 咲きそろった 実家の庭。

洗濯を干すのも そこそこに デジカメ持ってウロウロ ウロウロ (^^♪ 。

梅も 満開に・・・  おっ! が 今、啼いたよ。

今回は 写真をたくさん 載せよう!


ふきのとう
▲  フキノトウ ( 逞しくコンクリートの隙間から、、)



雪割草
▲  雪割草  ( 年ごとに小さくなっていくなぁ それでも けなげに、、)



福寿草
▲  福寿草  ( 群れて しっかり  爽やかに、、、)



白梅
▲  白梅  ( トシちゃん自慢の 珍しいキナリ色! )



紅梅
▲  紅梅  ( 梅は アップにすると より可愛いねぇ、、)






最近の気候を 三寒四温というのかな?

とても 味わい深い言葉だが、 年寄りで 心臓に持病のあるトシちゃんには、 地獄のような気候である。

けっして 大袈裟ではなく、 ほんとに 見ていて可哀想なくらい、 一日に何度も 血圧や脈拍が大きく変動する。

そこへもってきて、黄砂に 花粉に PM2.5のオマケまで付いてきた。

姉以外は、花粉症ではないので、 この時期が来ても、毎年 マスクはしないのだが、今年は、トシちゃんも 毎日マスクをしている。

目も ショボショボするらしい。

「わし 誕生日まで 元気でおられんかもしれん・・・。」 なんて事まで 言いだしてる。 (;一_一)


そう、 トシちゃんの誕生日は 3月31日  4年前のこの日に アイちゃんが倒れたんだよなぁ。

あれから、トシちゃんの中で、3月31日は、一種のトラウマになってるようだ。

今日も、「30日の晩から 泊まりにきてくれるかぁ? 何や知らんけど 心配や。」と言ってきた。

その得体の知れない不安感 わかるわ〜。

私も、阪神淡路大震災以来、未だに 1月16日の晩は、胸がざわついて、17日は、必ず5時44分に目が覚めるもの。



アイちゃんは、変わらず 元気!

痰が溜まりやすく、自分でゴックンと唾を呑み込むのが弱くなってきてることだけが、気になるけど。

今日のような あったかい日は、せめて車椅子でオンモに 出してあげたい、 梅を見せてあげたいなー。

でもでも 黄砂が 花粉が PM2.5が〜〜 。

昨年も (PM2.5はなかったにしても) 出てたのだから大丈夫では?と思うのだけれど、きっとトシちゃんから許可が下りないな(>_<)

もう少し 季節が安定して 風のない日に ぜったい アイちゃんと 散歩に行くんだ!

私は、冷たいのかな、 アイちゃんや トシちゃんに 体調に気を付けて、用心深く生きてもらうより、見たいこと、したいこと たくさんして残りの人生を楽しんでもらいたい。

だから アイちゃんにも、ギリギリまで たくさんの花や景色を見せてあげたいと思う。

「それは あんたの望みやろ? わたしゃ もう花も景色も堪能した、 部屋で、こうやって寝てる方がええ。」 って?

アイちゃん そんな冷たいこと言わんと また 散歩に行こうよ!?



とにかく トシちゃん! 三寒四温や 黄砂や 花粉や PM2.5なんかに 負けないでくれ〜〜〜(+o+)



 

アイちゃん 面白すぎー!!

介護 comments(0) trackbacks(0) アズキ姫

今日は 雛祭りということで、雛飾りを披露しよう。

28年前、7段飾りに無限の憧れのあった私達夫婦は、高級なものでなくても とにかく7段あるやつを買おうと、デパートへ。

お顔の綺麗な人形を 選んで、、、、っと。

結婚してから初めての、大きな買い物だ。

ところが、ちょっとした誤算が (^_^;) 。

新婚当時 住んでいたアパートが、 予想以上に 狭かった、、、いや 買った雛飾りが 予想以上にデカかった!

1時間かけて、完成した後、夫と 顔を見合わせて 同時に出た言葉、

「今晩から どこで寝る?」

結局、 私が 段飾りの一番下の隙間に 下半身を突っ込んで、 出来るだけ 不動のまま 寝ることになった。

懐かしくも 苦笑いな エピソード付きの 雛飾り。

今は 実家の座敷に毎年飾らせてもらっている。

娘たちも、 なかなか帰って来れず、私一人で 出し入れするので、

「今年は、三人官女ね、 来年は 五人囃子  再来年は 三人上戸  次は、雪洞を出すかぁ!?」

みたいな 横着を している(;一_一)

トシちゃんは けっこう 楽しみにしてくれてるみたいで、 気が付けば、 雛あられ 一緒に置いてくれてたりする。 ( アイちゃんが元気な時は ちらし寿司を わざわざ お雛様達に作ってくれていたなぁ(^−^) 



ひな人形
▲  雛飾り  (今年は三人官女と共に)





クリスマスはとっくに過ぎているのに、今この時期に毎年咲く クリスマスローズ。

何故に、クリスマスローズって名づけたんだろう?

弥生ローズ とか チェリーローズとかにするのも良いんじゃないかな・・・なんちゃって(^^♪


クリスマスローズ
▲  クリスマスローズ (まだいっぱい咲いてる 画面に上手く入れられないよー(>_<) 







平穏すぎて、ハプニングもない介護生活は とってもありがたいことなのだが、おかげで、ブログに何を書こうかと悩んでしまう

そこで 今日は アイちゃんを じっくり観察してみようと思う。

幸いにも いつも アイちゃん部屋に籠っているトシちゃんも 本日は陽気に誘われて ホイホイと畑仕事に出たまんま、帰って来る様子がない。

しめしめである(*^^)v



今日は朝から 目もパッチリ開いていて 観察するには なかなかgoodですぞ。

「おかあさん 体温と血圧 測るでー。」

たちまち タヌキ寝入りのアイちゃん。

とにかく あちこち 触られたり ほじくられるのが 嫌なんだろう。

まな板の鯉状態なんだもの、 そりゃ 嫌だよね 。

体温は、20秒計なので、計測は早くできるが、予測体温で出るみたいで、大抵高めに表示される。

マメなトシちゃんは、1分計 3分計 と 3種類も用意していて、20秒計で 37.2度とか表示されると、1分計で わざわざ測り直している (^_^;) 

今日は36.6度で平熱。

血圧を計ってる最中に、アイちゃん 鼻が痒くなったのか 手を曲げて、鼻の穴につっこんじゃっよ、、、もう一回測り直しだね。

70〜126  脈拍数81 いつも通り 快調ですねーアイちゃん!

血圧も トシちゃんは、最初の値が 高すぎると、二度三度と測り直している。

でも、看護師の娘曰く

「大抵 一回目の測定値が正しいんやで。 続けて何回も測ると  血圧が元に戻らない状態で、また圧迫するから、値は低くなっていくなあ。 でも お爺ちゃんには 言わんといてあげてな。」


さて、次は、顔拭き。

最近 よく目やにが溜まるので、 黄色い目やに専用目薬を 数回さしている。

これがまた、嫌なアイちゃん、 これでもかー!と言うくらい 力を入れて目をつむる。

あったかいタオルを目の上に乗せてあげて、ホヨヨ〜ンとアイちゃんの気が緩んだ隙に、電光石火の如く、目薬を1〜2滴たらす!


次は、目薬より、苦手な 口腔ケアですぞーーーっ!(^^)!

口腔ケア用のウエットティッシュを、ゴム手を穿いた人差し指に巻きつけて、

「はい おかあさん あーんして、、、って するわけないんだよなあ。」

で、可哀そうだけど わずかな唇の隙間に指を突っ込んで、 ほっぺの内側をコチョコチョマッサージすると、あら不思議! 熱せられた貝の如く パッカーンと開けてくれる。(最近は、敵もさることながら、それでも開けない日がある)。

上あごや 舌の上を急いで拭いて さっと指を抜く!  でなければ アイちゃんの 鋭い噛み噛み攻撃に遭うのだ。

ふーっ、 今日は無事に 口腔ケア終了。

アイちゃんは、 もういやっ! てな表情で、眉間に深ーい 皺を寄せて 寝たふりを決めている(笑)。


「おつかれさん 嫌なことばっかりしてごめんね?」 と言うと、パチっと目を開けて 私の顔をジーーーッ。

それから、壁に掛けてある 金婚式の写真を じーーっ。

「あれは 誰かな? 美男美女やなぁ?」 と聞くと

またまた 眉間に皺を寄せて 不思議そうに写真を見ている。

「あの、女の人の方は 美人やなあ?」 と聞くと  小さく コックンと頷いた。

おおー! 久しぶりに反応してくれたね。

では、 もう一発 聞いてみよう。

「隣に写ってるお父さんも男前やなあ?」

あれれ、違うんかい!? 寝たふりしてしもたがな。

「ほな、 あの女の人、あれは お母さんやな、 美人やなぁ?」

あらら、今度は パッチリ目を開けて 写真を見てるよ(笑)。

「では、美人のお母さん 仕上げに 口紅を塗っておこうか?」 と 保湿用リップクリームを 見せると、再びコックンと小さく頷いてくれた。

今日は 調子いいね〜(●^o^●)

・・・・・・・うん? ・・・ この毛は何だ?

リップクリームを 塗りながら まじまじとアイちゃんの顔を見ると、 右ほっぺに、1本 ヒョロリ〜ンと4〜5冂の毛が 生えているではないか。

キュッと引っ張ると、コホンコホンと アイちゃんは咳をしだした。

引っ張るのをやめると 咳も治まった。

つい 好奇心が先に立ち、 もう一回 キュッと毛を引っ張ると またまた、 コホンコホンと咳をするアイちゃん、  引っ張るのをやめると、 またまた咳も止まった。

うわぁっー おもしろ〜!!   いったい どういう仕組みなのかと、 私の頭の中は、アイちゃんの口中図でいっぱいになった。

そんな私に アイちゃんは 怒ったんだろうな、 その後は ずーっと 寝たまんまだった。

アイちゃん 顔で遊んで すみませーーーん <m(__)m
>


では  アイちゃん観察 続きはまた今度ということで

じれったいなぁ もう!

介護 comments(2) trackbacks(0) アズキ姫

雪をちらつかせながらも、春はそこまでやって来ているようで、、、。

実家の紅梅 白梅も日毎に蕾を膨らませている。

蕾にも 早合点なものがいるのか、この小雪舞う中 ただ一輪 花開いてる。
 
その 人間臭さが 何故か愛おしい (^−^)


黒猫は 娘の家の ないと

これ見よがしに 何度も 前足を 伸ばして見せてくれるので、写メを。

同じ猫でも、うちのミケは 構われたくない派、 娘んちのないとは 構ってほしい派。

足して2で割れば 丁度いいのにといつも思う。(;一_一)


紅梅蕾
▲  紅梅



ナイト1
▲ ないと ♂  ( ロシアンブルー × スコテッシュ ) 





父と息子って 会話がとても多いか  会話が無いかのどちらかで、 そこそこ話すという中間は、ほぼ無いのでは?

トシちゃんと弟を見ていると、最近 そんなことばかり考える。


確かに 小さい時から 弟に限らず 姉も私も  で トシちゃんと話すことは、ほとんどなかった。

いつも 間にアイちゃんがいて、 お互いの 伝えたいことを代弁してくれていた。

思春期の私にいたっては、都合の悪いことは全部アイちゃんに伝えてもらうという 姑息な手段をとっていた。

それでも 大人になるにつれて、 ぼちぼちと 直接会話できるようになり、 アイちゃんが倒れてからは、 「私 お父さんの嫁さんちゃいますけど!?」 と言いたくなるくらい 何から何まで よく話すようになっている。

ところがだ。

男同士は そうはいかないのかねぇ?

未だに 小さい時の関係のまんまだ。

アイちゃんに クッションになってもらえない今、顔も まともに 合わさない 。(^_^;)

お互いに 心配かけまいとしてなのか、 男の意地なのか よくわからん!



この間、 弟が仕事のことで しんどそうだったので、

「お父さんに 相談してみたら?」 と言うと

「いや ええわ。言っても同じや。」 と即座に却下。

一方、弟の疲れた様子が気になってしかたない様子のトシちゃんに

「何か 仕事で迷ってるみたいやで。 お父さんから 聞いてみてやったら?」と言うと

「いや ええわ。 言っても一緒や。」 と こちらも即座に却下。

ならば! お互い そんなに 相手を気にする素振りを見せなさんな!!

ええーい! もう ほんまに じれったいなぁ〜っ!!(>_<)


最近は 実家に行っても ずっと こんなかんじで 介護に行く足の重いこと重いこと (^_^;)


アイちゃんは、とっても元気で、 たまーーに こちらの問いかけに 頷いてもくれるので、 癒されるわ〜〜〜(●^o^●)


ところで 我が家の夫と息子は どうなんだろ?

そこそこ会話する、中間パターンか? 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM