アイちゃんの エンディングノート??

介護 comments(15) trackbacks(0) アズキ姫
生前に 自分の望む逝き方やら 弔いへの希望やらを書き残しておく「エンディングノート」というのが、静かなブームになっているようだ。
残された者のためにも自身のためにも、私も作っておこうかなと思う。

よくよく思い返すと、アイちゃんが 5年前の3月に脳出血で倒れてから今年の2月23日の葬式までの日々というのは、アイちゃん自身が描き、実行した アイちゃん渾身の「エンディングノート」だったように思える。

アイちゃんが倒れたことで家族 親族の交流が増え
胃ろうを決断したことで、在宅介護という 親孝行の時間をもらい、
トシちゃんは結婚してから初めて、アイちゃんに優しい言葉や行動で、気持ちを表せるようになった。

穏やかになっていく夫や子供らの様子を確認してから、アイちゃんは自身の記憶を、認知症と言う形で消していき、

少しでも 残されるものの寂しさを和らげるために徐々に失語になり、眠り姫になり、存在感をなくしていき、、、

臨終の辛さを 味あわせないために息の引き取り場所に病院を選び、一番会いたい トシちゃんだけを呼んだ、、?



更にアイちゃんは、通夜 葬式の日時も、全て段取りし、天気 家族一人一人の都合まで 段取りしてくれていた。

そう信じて疑わない程、両日の天気は昨日までとは打って変わって、暖かく晴天! 斎場も一週間前なら雪で行けなかった。
普段 仕事で土日でも休めない孫たち全員が、偶然 休みで、 姉の義理の両親もようやく、退院したところで、、と万事、アイちゃんの葬式にGOサインだったのだ

すごい こじつけやなぁ!(笑)

親バカならぬ子バカやなと、笑って下され(●^o^●)


RIMG3016.JPG
▲ 黄水仙
  アイちゃんは よく生け花に使っていた、日本水仙の方だけど、、




RIMG3014.JPG
▲ ヒメリュウキンカ





2月22日(土)〜23日(日) 通夜 葬式の小ネタ集
( 笑うことが大好きだったアイちゃんに捧げる )

その
21日、アイちゃんを実家で迎える準備をするため、病院から一人先に戻ると、あの近所のおばちゃんと、トシちゃんが兄のように慕ってるおっちゃんとが、既に玄関先で待ってくれていた。

「おっちゃん、どんな準備したらええか教えて!」
「よっしゃ よっしゃ 任しとき! 
まず 床の間が祭壇になるでな、床の間のもん全部片付けよ。 ほんで掛け軸を お経が書いてあるやつに取り換えよ。
どこに 置いてあるんかいなぁ? わしは仏壇と床の間の間辺りに、、、ほれ あった!」

「それから 仏壇のロウソク立て ええのがあったやろ、わしとこと揃いで買うたさかい あるはずや。わしは仏壇のこっち側の引き出しに入れて、、、、ほれ あった!」
「おっちゃん すごい! お父さんが どこに何置いてるか わかるんや!」
「そんなもん どこの家でも 同じようなとこに置いてる。 あかん!時間ないわ! 手分けして しよ!
あんたは敷布団に白いシーツ掛けて 北枕になるように敷いといて。おばはん、あんたは畑に行って シキビを一枝切って来てくれてか。 わし 神棚に半紙で目隠しするでな。」

と まあ 90歳 ぜんそく持ち 腰痛持ちとは思えぬ 見事な陣頭指揮!

流石に 神棚に目隠しするからと、踏み台に昇りかけたときは、
「お願いやから 私に昇らせてー!」と 止めた。(^_^;)
すると 横から、おばちゃんが
「私が 昇ろか?」と一言。
いやいや 身長154僂了笋茲蠑さく、プラス背中がまあるく 常にコンニチワしてくれてるオバちゃんには・・・無理ッす。 (;一_一)
おっちゃん おばちゃんのポジティブさは 心よりありがたく頂戴するので m(__)m

というわけで 無事 準備完了!

ん? おっちゃんが 奥の部屋から 呼んでいる、何の用事やろ?
「わし 北枕になるよう布団を敷け言うたけど、 北に枕を置けとは言うてないぞ、枕はいらん!」





その
実家に帰って来たアイちゃんに、会いに来てくれた叔母(アイちゃんの姉)の話。

「あんた 何で私より先に逝くんや、兄弟私一人になってもたがな。」
そう言って ハンカチで涙をぬぐいながら アイちゃんの手や顔を撫でてくれた。
そして額を触りながら 
「このあたり まだ温いなぁ!?  あんた ほんまに死んどんかいな?」
と言うと、アイちゃんの閉じた瞼を、指でビヨ〜ンとつまんで 開けた、それも両目!!
お お 叔母ちゃーーん! せっかく美しく閉じた瞼が〜〜〜(>_<)
「・・・・やっぱり 逝てもたんやなぁ・・・ あの世に行ったら 早よ私を 迎えに来とくれよ。」
叔母ちゃん、、、、 (;O;)





その
通夜の日の午後3時、葬儀屋さんが来て、実家からの旅立ちの儀式を行ってくれた。
シブガキ隊のもっくん主演の映画「おくりびと」あのまんまの光景が 目の前でなされてることが不思議な感じだった。

白い掛け布の中で見事に白装束に着替えてもらって、足袋を履かせてもらって、三途の川を渡る六文銭を持たせてもらい、、、

おくりびとの一人が
「仏様(アイちゃん)が生前 お使いになっていた数珠がございましたら 手にお掛けしてさしあげたいのですが。」

「お母さんの数珠?」「おばあちゃんの数珠?」、、そういえば 仏壇にもなかったな 見当たらないなと、みんな数珠の置き場所をあれこれ思い出している。

そんな中 トシちゃんと私だけは 冷や汗が出そうだった。
そう! 昨晩 私がトシちゃんに 娘らに数珠を買ってやってないわと話したところ、
「ええのがある、 ほれ これお母ちゃんがいつも使うとったやつや。 おまえ もらっとけ。」
「やった! 数珠 買わんですむー (^^♪。」と いう やりとりがあったもので。

数珠も 足袋やら 六文銭やら一緒に 棺桶セットに付いてるものだとばかり思っていた私、
ほんまに アイちゃん ごめんなさい
 (^_^;)





その
娘たちが 
「おばあちゃんと写メ撮ってもいい?」と聞くので
「そりゃ おばあちゃん喜ぶわ! ええよええよ。」と答えた私。

その後「見て見てェー♪ 上手く撮れたよ。」と娘たちや 姪っ子が見せてくれた写メは、
アイちゃんの遺影とではなく、棺桶に入ったアイちゃんとのツーショット写メだった。(◎o◎)

どうか不謹慎だなんて 思わないでやってほしい。
それほどまでに孫たちから愛され、愛らしい死顔のアイちゃんだったのだ。



RIMG2987.JPG
▲ クリスマスローズ



その
骨あげの後、寺に行き、骨あげ供養をしてもらい、ついでに初七日法要もしてもらうことになった。
寺の祭壇に骨壺を置き、お経が静かに始まり、、順々に焼香をしに祭壇の前に行き、、、うーむ?
何かおかしい、、、何かが違う、、トシちゃんも 弟も みんな焼香しながら感じたようだ。

骨あげ供養と初七日法要の間に10分程休憩がある。

「何か違うよな、違和感あるよな、、何かが足らないような 忘れてるような、、、。」
そんなことを弟と話しながら、何気なく横に座っている 姪っ子を見た途端
「あ”−−−っ!! これや!」
なんと、祭壇に置かれてなくてはならぬアイちゃんの遺影が 姪っ子の胸にしっかりと抱かれているではないか!! 
ということは アイちゃんは自分で自分の、骨あげ供養をしたということかい?? 
なんで 誰も気づかなかったんだろう (^_^;)





その
あまりにも可笑しく且つ微笑ましかった ネタを最後に紹介して私の「在宅介護物語」を閉じたいと思う。

前出の骨あげ供養と初七日法要の時のこと。
お坊さんの読経に合わせて、途中から私達も唱和する。
慣れないお経を読むのは なかなか難しいので、誰も皆、お坊さんの邪魔にならないようボソボソと唱和していた。

そんな中 お坊さんもビックリの大きな声で マイペースで マイリズムで唱和する者が一人。 
そうです! トシちゃんです \(^o^)/

トシちゃんは 耳が遠く 補聴器を付けてはいるものの ほとんど用をなさないのだ。
故に どうしても声が大きくなり、 離れたところのお坊さんの読経も うっすらとしか聞こえない。
それに加えて アイちゃんへの思いが このとんでもない読経唱和になっちゃった〜〜(^_^;)

最初はつられまいと必死だったお坊さんも、途中からはトシちゃんに一生懸命合わせてくれていた。
私達は そんなトシちゃんが愛おしくて可笑しくて、お経の間中 泣き笑いだった。

アイちゃん!
アイちゃんのエンディングノートの締めくくりは お坊さんをも巻き込んだ みんなの笑顔だね?
 (●^o^●)



               おしまい <m(__)m>



追記
ブログを読んでくださった 全ての皆様に感謝します。
hirahira様 西明石様 みやこ草様 さきこ様 暖かいコメントをいただきありがとうございました。
ビバ様 介護中も今も、私はビバ様から元気と知恵を戴いています, ありがとう。
東北の益々の復興を心より祈っております

あの〜 これからもタイトルは変わってもブログを続けますので、どうか宜しくお願い致します
(^o^)/

        







 
  • 0
    • Check
    コメント一覧

    アズキ姫さん、こんにっちわぁ〜(^^♪

    この最後のブログを、昨夜お布団の中で(ワンセグテレビのブラウザ機能で)泣き笑いしながら読ませていただきました(T_T)

    お父様も叔母様も姪御さんたちも面白すぎ〜(=^・^=)
    ほんわかとしたご葬儀が目に浮かびました。

    ほんとうにお疲れ様でした<(_ _)>

    心機一転のブログも楽しみにしていますヽ(^o^)丿

    東北のことを気にかけていただき、感謝です!

    • ビバさん
    • 2014/03/26 12:09 PM

    ビバ様 
    ありがとうございまーす\(^o^)/

    三日坊主のわたくし故 気負わず ぼちぼち ブログやります(^^♪

    ビバ様のシイ君 ミイちゃん画像、ペレットストーブで焼かれた 美味しそうなりんごパン画像 どれも楽しませてもらってま〜す!

    これからも ヨロシク ヨロシク (●^o^●)

    • azukihimeさん
    • 2014/03/26 5:49 PM

    昨日、久しぶりにブログ訪問いただき・・
    ひょっとしたら、更新されたのかな? と、思いまして・・

    やっぱ、そうでした〜

    そんなに、楽しく笑いが出るようなブログになっているのは
    思い切り、悔いの無い介護を長年して来られたからですね。

    伯母さんの・・アイちゃんの両眼を、指で開くなんぞは
    なかなか、される人いないですよね〜(笑)
    それと、トシちゃんのお経に合わせて下さった御坊様・・(笑)

    やっぱ、アズキ姫さまも含め・・ご家族ユーモアたっぷりの方が多いようで・・いいなーーー 家の、兄なんか怖いだけの人ばかり。。。

    今後の、ブログ楽しみにしております。 (*^_^*)

    • みやこ草さん
    • 2014/03/28 2:27 PM

    みやこ草様 
    ありがとうで ございます<m(__)m>
    暫く 御無沙汰でしたが みやこ草様の楽しい美しいブログにも、またガンガン お邪魔させていただきますよ〜〜\(^o^)/
    前に 株分けしてほしいなーとおっしゃってたのは、今回のブログに載せた クリスマスローズでしょうか?
    今年は 他の鉢のものは まだ咲いてないんですわ〜(;_:)
    トシちゃん曰く「鉢替え してへんから咲かんかもな〜」と言ってました。

    • azukihimeさん
    • 2014/03/28 5:40 PM

    おばあちゃん、本当に綺麗な顔してたね。大好きなお花に囲まれて、良いお葬式だった。今頃、天国でお花見してるかなあ。これから、みんなでおじいちゃんの毎日を支えていきたいね。お母さんのブログ、これからも楽しみにしてるよー☆訪問診療の重要性や、責任感を改めて実感したよ。私も、おじいちゃん、おばあちゃんの大切なエンディングライフをサポートしていけるように、頑張ります。ありがとう。

    • さきこさん
    • 2014/03/31 11:20 PM

    さきこさま おはようございます(^◇^)
    アイちゃんばあちゃんも 優しい孫たちに見送られて ほんと幸せだったことやろねぇ(*^^)v
    ありがとう
    お仕事先の おじいちゃん おばあちゃんにたくさんの笑顔を プレゼントしてあげてくださいね(^^♪
    数年間 第三次救急の現場でいろんな生死を経験してきたさきこさんには、おじいちゃん おばあちゃんのエンディングライフの大切さが より強く感じられるのでは?
    御自身の健康にも気を付けて お仕事に励んでね(●^o^●)

    • azukihimeさん
    • 2014/04/01 9:20 AM

    We are a gaggle of volunteers and opening a new scheme in our community. Your website offered us with useful info to work on. You’ve performed an impressive job and our entire neighborhood can be grateful to you.

    • Burtさん
    • 2015/03/05 3:00 AM

    We’re a group of volunteers and starting a new scheme in our community. Your site provided us with valuable info to work on. You have done an impressive job and our entire community will be grateful to you.

    On many levels, I am more angered by the so called generic commenter” than by the out and out spammer. Why? at least the obvious spammer is more open and honest about their spamming! We can spot who they are. The generic commenter is a con man and a charlatan You can probably notice that I have very strong towards these type of commenters

    • Robbyさん
    • 2015/03/05 4:57 PM

    What’s Going down i am new to this, I stumbled upon this I’ve found It positively helpful and it has helped me out loads. I hope to contribute & help different users like its helped me. Good job.

    • Vernonさん
    • 2015/03/06 2:47 AM

    I am not sure where you’re getting your info, but great topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for magnificent information I was looking for this info for my mission.

    This blog was… how do I say it? Relevant!! Finally I have found something that helped me. Many thanks!

    This is very interesting, You’re a very skilled blogger. I’ve joined your feed and look forward to seeking more of your great post. Also, I’ve shared your site in my social networks!

    • Todさん
    • 2015/04/13 10:24 PM

    “How do I explain a connection like this? I don’t.

    Fyrverkeriet starter p氓 21:00, mens n忙rmere vannet, er Marina Del Rey fyrverkeri ogs氓 planlagt 氓

    コメントする

     

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL

    無料ブログ作成サービス JUGEM