自然観察の師匠に付いていくと? (*^^)

生き物 comments(28) trackbacks(0) アズキ姫
クリーニングに出す冬物のコートやジャケットや、トシちゃん(父)に頼まれた荷物が重いので、就活中の息子に車に同乗してもらうことに。

普段物は、近くのクリーニング店に出すか自宅洗いをするのですが、一張羅は 少し遠くても、丁寧にしてもらえる個人のクリーニング屋さんに行きます。
値段は(しみ抜きとかは別料金)チェーン店と 変わりませんよ (*^^)v


クリーニング屋へ寄ってから ホームセンターへ。

トシちゃんは、アイちゃんが亡くなってから、より一層 畑仕事や花育てに精を出すようになりました。

シンピジュームが育ち過ぎて 鉢が小さくなったので、植え替えたいらしいです。

頼まれた 鹿沼土と水苔を買って、とりあえず 用事は終わりました。


今日もまた 爽やかな天気だし お日様は高いし、、、、、

「 そや!♪  自然観察の森 ここから近かったな?
仕事では よく行ったけど、アンタとは20年ぶりくらいちゃうかぁ!?
久しぶりに行ってみる?」
 息子に聞くと
「オカンとかぁ まぁええか行こか。 ヤゴ居るかもしれんしな。」


というわけで 自然観察の森を2時間ほど散策してきましたー\(^o^)/

自身で かなりコアな トンボ&ヤゴブログを起ち上げたり いろんな虫研究してるだけあって、 息子の後ろを付いて歩くだけで、普通の者なら見逃してしまいそうな動植物をたくさん教えてもらいました。

興味がある人には、ほう〜!!と思えるものでも 興味のない人には ただ気持ち悪いだけでしょうから、ほんの少しだけ、紹介しましょうね(●^o^●)




RIMG3318_s.jpg
▲ タチツボスミレ
日本では 一番オーソドックスなスミレだそうですが、数多くあるスミレの中で私は、一番好き。




RIMG3315_s.jpg
▲ コモウセンゴケ (6〜9月桃色の花が咲く)
苔なのに花が咲くし 虫を捕まえる食虫植物だし (^_^;)




RIMG3302_s.jpg
▲ タベサナエ ♀ 準絶滅危惧種
翅や体が完全に乾くまで じっと止まっています。 
数分後 ホバリング(翅をパタパタさせる)してから 飛んでいきました。


RIMG3311_s.jpg
▲ タベサナエの集団羽化の様子
画面中央上寄りに、翅を広げたもの、
画面左側タンポポ系の葉の上に、やっと翅が伸びたので すぼめたまんま乾かしているもの、
画面右側に、殻が割れて上半身だけ出ているもの、
画面右下に、今から羽化準備をしようと水中から石の上に上がってきたもの、
わっかるかなぁ〜〜??(^_^;)


我れも我れもと 羽化のために水中から出てきてるヤゴが たくさんいましたよ 
身体を 振り振りしながら 殻を脱ごうとしている姿を見てると
「がんばれー!!」と 思わず 声が出ます。




RIMG3323_s.jpg
▲ ニガイチゴ
6月頃に赤い実が成り、食べられるが 苦いことからこの名前が付いたらしい。




RIMG3319_s.jpg
 ハネビロエゾトンボのヤゴ 絶滅危惧粁
気持ち悪がられても これだけは載せねば!!
トンボ仲間の間でも、とても貴重なトンボのヤゴだそうです。
6月頃には 羽化するだろうと息子が言ってます。
撮影の後 水溜りに戻してあげましたよ〜 (^^)v
この子たちは いきなり葉っぱに乗せられて 死んだふりをしてるので、変な恰好ですが、
ヤゴの中にも 千手観音みたいに綺麗なのが いるんですわ ❤❤




RIMG3292_s.jpg
▲ ホオジロ
べストショットなポジションに止まってくれました、ありがとう 




RIMG3326_s.jpg
▲ モンオビオエダシャク
キノコか 古くなった木の皮が捲れてるのかと思えば、、でした。




RIMG3289_s.jpg
 ヒメハギ


これでもかー!というくらい大サービスの 方々からのの鳴き声、
人知れず 幼虫から成虫になり空へ飛んでいく虫たち、
誰がいつ、どんなきっかけで名付けたんだろう?と悩んでしまうほど 密やかな花たち・・・・


突然の思いつきで立ち寄った森ですが、癒されました〜〜 (^^♪♪♪




 

家猫 庭猫 お城猫

生き物 comments(21) trackbacks(0) アズキ姫
10年前、娘が部活帰りに、連れ帰って来た子猫 
彼女が 家族の一員になってからと言うもの、
ベランダで洗濯を干してては、マンションの裏庭で遊んでいるニャンコが気になり、
ウォーキングしていては、あちこちの野良ニャンコが気になり、、、の毎日であります。
そんな 毎日出会う ニャンコ画像を少し 紹介しましょう (*^_^*)



庭ニャンコ

RIMG2897.JPG
▲ この辺りでは中堅組 何かと態度がデカい!


RIMG2877.JPG
▲ 庭猫のボスです 優しい父ちゃんです(^^♪


RIMG2891.JPG
▲ ぐうたら母ちゃんと甘えん坊娘

庭ニャンコ一族は、マンションのみならず近隣一帯、餌やり禁止なので、逞しく自活しています。
あの ボス父ちゃんニャンコは、何代もの庭ニャンコの生き死にを見守り続けておるのです。





お城ニャンコ

RIMG2874.JPG
▲ お城内には数十匹 野良ちゃんがいます


RIMG2764.JPG
▲ ボランティアと市が協力して、お城内外の100匹余  りのニャンコの去勢 避妊措置が行われました
  措置済みの印に片耳先を切ります。
  その切り口が桜の花びらに似ていることからサクラ耳  と呼ばれています
  



RIMG2999.JPG

RIMG2998.JPG
▲ モフモフ毛のニャンコが意外に多い!



RIMG2893.JPG
▲ 10か月前 お母ちゃんと兄弟を亡くしたけど 
  こんなに元気に育ってます



お城ニャンコは 観光客から食べ物を 結構もらえるし、 食べ残さない程度の
餌やりは 大目に見てもらってるので、あまり痩せこけた子は見ません。
野良とは思えない程 愛想が良い。
野生の感 鈍りっぱなし?? (^_^;)






家ニャンコ

RIMG2781.JPG

RIMG2696.JPG
▲ 毎日緊張感ゼロの我が家のミケですー (;一_一)



 
無料ブログ作成サービス JUGEM